岩口昇龍(アラブ・ビジネス法コンサルタント)

アフリカのスーダンと中東のイエメンに留学し、アラビア語とイスラーム法(フィクフとシャリーア)を学ぶ。
マレーシアとサウジアラビアというイスラーム圏で就労し、現在に至る。
アラブ・コンサルティングサービス東京(A.CS東京)

記事一覧(55)

ムハンマド5世大学の法学部教授との面談20180216

ムハンマド5世大学の法学部教授との面談20180216北アフリカもモロッコ王国のアルアハワイン大学で研究生活をしているアラブ・ビジネス法コンサルタントの岩口昇龍でございます。モロッコのイフランという高度1600メートルの観光都市にある、アルアハワイン大学というところの修士課程に交換留学生として所属し、イスラーム金融やビジネス法などの授業を履修しながら、現地ビジネス法や日本企業の動向の調査をしております。先日「在モロッコ日系企業連絡会」に首都ラバートに行ったついでにビジネス法の専門家にコンタクトし、お会いすることにしました。https://ameblo.jp/a-cstokyo/entry-12353893444.htmlモロッコでは首都ラバート以外にカサブランカなど法学で有名な大学がありますが、ラバートではムハンマド5世大学が有名です。http://www-agdal.um5.ac.ma/index.php/en/「ムハンマド5世大学(محمد الخامسUniversity Mohammed V-Agdal)は1957年に設立、1959年に故ムハンマド5世によって正式に設置されました。同大学は、モロッコにおける近代的大学としては最古で あり、人文、自然科学、社会科学系3学部と工学系の2学校および同じく工学系の2研究所を有しています。同大学は、モロッコの首都ラバトに所在し、現国王はじめ多くの要人を輩出している格式ある大学です。」私も当初はムハンマド5世大学に留学しようと考えていましたが、フランス語検定1級レベルが留学条件として求められるため諦めました。イフランにあるアルアハワイン大学のBusiness AdministrationのVice Presidentで私が履修している「モロッコの外交政策」という修士課程の授業の指導教授である方に、前出のムハンマド5世大学でビジネス法を指導しているアフマド先生احمد الحجاميを紹介してもらいました。احمد الحجامي教授は御歳84才の大先生で、博士論文のテーマは「Le redressement des entreprises en difficulté en droit marocain」でモロッコの破産法等の執筆をされている方です。当初ムハンマド5世大学の法学部でお会いする予定でしたが、先生のご都合でラバートにあるおしゃれなカフェでお会いすることに。私がお聞きしたかったモロッコの会社法等について、アラビア語でお答えいただけました。また、現在息子さんが私が研究しているアルアハワイン大学Business Administrationの学部生ということで連絡先を教えていただきました。今後日本に帰国してもアラビア語でメールのやりとりができそうで、とても良い出会いになりました。モロッコに来た収穫の一つです。 A.CS東京アラブ・イスラーム圏ビジネス法専門コンサルタント 岩口昇龍

「在モロッコ日系企業連絡会」に参加させて頂きました!20180215

「在モロッコ日系企業連絡会」に参加させて頂きました!201802152018年1月10日から北アフリカのモロッコ王国に滞在している岩口です。現在、モロッコのビジネス法の調査のために住んでいます。「在モロッコ日系企業連絡会」とは、モロッコ進出日系企業で組織する団体です。昨年2017年は、2月8日、首都ラバトで開催され、両国の企業関係者約60人が参加し、今後のアフリカ市場での共同事業展開の可能性などについて意見を交換しました。https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/03/aded3cbc4cd0232c.html一年に一度2月頃に開催していると聞いていたのですが、他の参加者に伺うと2017年11月にも集まりがあったようです。https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/12/3ee9b3df7ab015f6.html本年は、2月15日木曜日に開催され、下記がその内容でした。Theme: 1. “Morocco: as Logistic Hub for Africa” 2. “ABE Initiative” Matching Event Date: 15th February 2018, Thursday Time: <Program> 09:30 to 13:45 Venue: Sofitel Rabat Jardin Des RosesYAMAHA等有名企業のロジスティックに関するお話を聞けて、とても貴重な情報交換をさせて頂くことができました。私の今後のコンサルタント業務並び、大学院の修士論文に役立てたいと思っています。また進出日本企業の関係者や、日本に留学経験があるモロッコ人ビジネスパーソン(ビジネス法修士卒・リスクマネージメントを専門とするコンサルタント等)の皆さんとお話することができてとても良い機会となりました。A.CS東京代表 岩口昇龍 

ビジネス法を専門とするProfessorとの面談@ムハンマド5世大学

ビジネス法を専門とするProfessorとの面談@ムハンマド5世大学現在モロッコの修士課程に交換留学で来ている、中東・北アフリカ専門ビジネス法コンサルタントの岩口です。 私の専門は、日本企業の海外進出における法的リスクでまた日本で所属している大学院の修士論文のテーマも同内容です。 現在モロッコのイフランにある大学では、法学部や法学専攻がないので是非企業法学を専門とする教授や研究者に会ってみたいと思っていた。 そこで、現在聴講している「モロッコの外交政策」という授業を担当している教授で、アルアハワイン大学のMBA専攻のVice Presidentをしている先生に授業後モロッコでビジネス法を専門とする研究者を紹介して欲しいとお願いした。 そうするとタンジェにいる国際法を研究する教授と首都ラバートRabatにいるPolitical Sceienceを専門とする大学教授を紹介してもらえた。 私も運がいい。タンジェはここイフランから遠いが、国際法の教授の奥様が、同じ大学のビジネス法の先生をしているという。また、ラバートの教授からは同じくムハンマド5世大学のビジネス法を専門とする教授を紹介してもらえることになった。加えてムハンマド5世大学の先生に今週水曜日にお会いできることになった。 一つ問題が、会う予定の教授は英語が話せず、フランス語かアラビア語しか話せないという。そのため、私はフランス語とアラビア語で質問したいことを文章で作成し、また二つの言語でinterviewができるように単語リストも準備した。それぞれ、アラビア語の先生、フランス語の先生にチェックしてもらおうと思っている。 当初の予定のひとつが実現するため、ドキドキして週末を過ごした。

【Essay】 The task of business legislation in the Middle East and North Africa region from the persp

【Essay】 The task of business legislation in the Middle East and North Africa region from the perspective of legal culture and custom.【小論文】中東・北アフリカ地域のビジネス法制の問題点について、法文化や慣習の観点から論じる。中東・北アフリカ地域の特殊性中東・北アフリカのビジネス法制についてとその問題点法文化・慣習とビジネス法務まとめSpecialty of the Middle East and North Africa regionBusiness Legislation in the Middle East and North Africa and Its TasksLegal culture · customs and business legal affairsConclusion 1. Specificities in the Middle East and North Africa⑴ Geographical range The Middle East / North Africa region (hereinafter referred to as the "MENA Region") refers to areas including the east of Morocco in North Africa to Iran in the Middle East and Turkey and Sudan (excluding South Sudan). Ethnically, it consists of Arabs, Persians, Turks and others. ⑵ Legal system of the MENA region In considering the legal system and its modernization in the MENA region, the Islamic law (Shari'a) becomes an important concept. The legal system will be established with the spread of Islam since the 7th century. Whether or not its effectiveness varies depending on each age, Shari'a has been applied and used for a long time as an indication of the legitimacy of its ruling class. In Shari'a, in its long history, many of its basic problems, its interpretation was established in the early days of Islamic history. Incidentally, the fact that the application / operation of Shari'a was a problem became a problem since the modern era when it became more problematic from Qanun (law) and the relationship with human rights.*Qanun (law):laws promulgated by Muslim sovereigns, in particular the Ottoman Sultans, in contrast to shari'a, the body of law elaborated by Muslim jurists. ⑶ Legal system and its historical transition The transition of Shari'a application can be clarified by reading the long-accumulated Islamic court documents. It is possible to clarify social problems and the process of conflict resolution based on the control of Shari'a. Application of Shari'a in that area will be narrowed down by Westernization due to the decline of the Ottoman Empire. Westernization of the legal system and colonization by Western Europe have received considerable influence. With the spread of colonization, in the MENA area, the Qanun, the written law is developed and the application of Sharia is narrowed. In the modern era, Islamic reconstruction campaign occurred, this trend will affect the restoration of the Islamic state such as the caliphate and the strict application of Shari'a. Specifically, there are the birth of Saudi Arabia, the independence of Pakistan, the progress of economic activities backed by Shari'a (also the development of Islamic economics). Ⅳ Qanun and Shari'a (Modern History) Because the MENA region is where many Muslims live, it often happens that shari'a based on the holy Quran is applied in legal problems. There are many situations in which the Shari'a based on secular law and the Qur'an is applied as a characteristic of the legal system in the area concerned. Also, the position of Shari'a in a country's legal system and that system is also different in the MENA region. Some countries make Shari'ah the main source of law in the legislation, others only allow it in limited areas. Depending on the history of modernization that the country experienced and the process of introducing the Qanun, the scope of application of Sharia also varies. (5) Sharia and customs in the area concerned Sharia means "the way to the water field" in Arabic, and in the scripture Qur'an it is expressed in the meaning of the right way that humans do. It is a code of conduct that Muslim, a member of the Islamic community, should protect, and its code of conduct was born from the behavior of the revelation and Muhammad's actions received by the Prophet Muhammad of Islam from God (Allah). Shari'a is not an accounting law, but effectively defines the behavior of Muslims in the legal community. In addition, it is not a practical law, but a revelation method. In that sense, it is close to the natural law, it can be said that it is a law that exceeds the time to be established in any age.In the point that Shari'a is influenced by ancient philosophy and ancient thought, she is drawing the same trend as the foundation of European modern law. In addition to religious provisions such as Muslims' faith acts, we define social life, economy and state. This is easily understandable from the influence of "halal" which is a term that has been drawing attention in Japan in recent years. Application of these Shari'a is widespread, but whether it is actually applied is another problem. Also, that point can have a lot of room for discretion, and it can be said that there are ambiguous points.In the operation of Shari'a, law sources are generally divided into primary law sources and secondary law sources in Islamist sunna factions. Primary law sources include the Quran, Sunnah,Ijma’(اِجْمَاع,) and qiyās(قياس), the Qur'an and the Sunnah being the higher sources of law. There are laws and ordinances by ijtihād(اجتهاد), ‘urf(العرف:custom) and state, as the second law sources. Regarding the legal sources of Shari'a thus classified, there is not necessarily a fixed view in legal interpretation. At the very least, an agreement of a jurist will be formed about the fact that the Qur'an and Sunnah are the main sources of law in Sharia.In addition to Sharia, there are also laws enacted on the basis of local customs. That is, it has a pluralistic legal system. Reviewing the legal system of each country is also important for understanding the legal culture and law customs behind it. *ijtihād(اجتهاد):effort, physical or mental, expended in a particular activity.⑹ court system Dispute cases are resolved by the ordinary court or the Shari'a court, but there are also dispute settlement bodies outside the courts and arbitration systems exist. As a point to consider the legal and judicial system in the MENA region, it is necessary to consider how to handle Sharia. For example, Turkey does not recognize Shari'a as a "law" due to separation of religion in the history of modern times, and in the case of Saudi Arabia, the Constitution of the Quran and the Sunnah are stipulated.  2 Business Legislation in the Middle East and North Africa and Its Problems⑴ Modern law introduction and business Regarding the MENA region, as a general trend, commercial related laws such as Corporate Law and Commercial Law were developed at a relatively early time. However, in recent years the civil law, criminal law, investment law, labor law have been enacted in recent years. On the other hand, countries and regions where bankruptcy law, procedure act are not set (especially the Gulf Arab region) are also scattered.Regarding financial legislation and legal issues, laws such as banking law, insurance company law, financial company law, capitalism law, etc., are relatively well developed. However, it is not sufficient to deal with a cross-sectional legal system such as the Financial Instruments and Exchange Act.As a legal issue when Japanese companies and others enter into the market, foreign investment situation should be considered. Indeed, the barriers to entry of foreign capital remains large. In the enactment of the Free Zoning Act attracting attention in recent years, in the Gulf Arab region, it is often the case that in a Special Economic Zone for Special Economic Zone, free activities of foreign financial institutions are accepted.  

中東ビジネス&貿易初歩セミナーを開催いたします20170604

中東ビジネス&貿易初歩セミナーを開催いたします20170604http://arab.gerbera.co.jp/Inquiry申し込み可能セミナー開催日時 詳細平成29年6月15日(木)14:00~15:30中東ビジネス・貿易初歩セミナー場所:株式会社ガルベラ・パートナーズ費用:無料セミナー概要【これから進出を検討されている企業、既に進出している企業、どちらも必見】■『ネクスト・アセアン』中東・イスラム商業圏のビジネス上のリスク回避する秘訣を伝授します!! 近年、海外進出する日本企業、または、海外企業が日本へ進出する数が増えています。 弊社では、実際に我々自身が中国(上海、北京)香港、ベトナム(ホーチミン)、タイへ進出し、様々な経験をしてきています。 単なる机上のコンサルティングの領域を超えて、生の情報をお伝えいたします。 実際中東・イスラム4カ国に滞在した担当者が海外赴任時代の実体験を元に生の情報をお話いたします。 実務的には、海外赴任規程作成支援として「海外へ現地法人を設立している、またはしようとしているが、海外赴任者の規程をどうすればいいのか全く検討もつかない」国際税務コンサルティングとして「海外現地法人が今後利益が出てきそうだか、税金対策や、資金異動の効率化でいい方法はないか?」というご要望にお応えしています。 既存の顧問税理士先生やコンサルタントに不安を抱いている企業様にはプラスになること必至です。 本セミナーが貴社の経営を後押しできるいいチャンスになれば幸いです。 講師株式会社ガルベラ・パートナーズ中東進出コンサルタント 岩口 龍児【特に実績がある分野】・中東に関わること20年。現地法人設立、現地の税務会計、労務、給与計算、工場探し、代理店探しなどを支援。・サウジアラビアやマレーシアなどに赴任経験があり、現地社員、海外駐在員向けの人事労務管理に長年携わる。・アラビア語をビジネスレベルで話すことができ、現地アテンド実績を積み重ねる。株式会社ガルベラ・パートナーズ貿易コンサルタント 長安 雅也【特に実績がある分野】・青年期を米国で過ごし、英語はネイティブレベル。オーストラリア駐在が長く、日本企業の海外進出を事上にあって学ぶ。・食品、日用品、工業製品などの輸出入業務に長じ、展示会の開催や外国顧客アテンドなどを担当。・日本企業が海外に商品・製品を輸出する際の留意点を細部にわたって解説。セミナー内容【第一部】①元日本人従業員が語る中東・イスラム圏で体験した就業・赴任にまつわる本当の話。ビジネス上でリスク回避をするために経営者がするべきこと。②中東や東南アジア諸国の雇用上の留意点と各国労働法の概要アジア全地域に進出する際に従業員の雇用において留意したい点について、ご案内します。【第二部】①日本企業が海外に商品・製品を輸出する際の留意点を細部に渡って解説いたします。②食品、日用品、工業製品などの輸出入業のポイント、展示会の開催や外国顧客アテンドする際に注意すべき点などを解説いたします。

「英会話講座」も日曜日に引っ越しします🎵20170305

「英会話講座」も日曜日に引っ越しします🎵20170305http://ync-kawagoe.com/course/wayhome_english/今まで平日夜に開講していた、「お勤め帰りの英会話」がリニューアル!日曜日午後からの講座に生まれ変わります🎵すぐに役立つ英会話 体験可 見学可「すぐに役立つ英会話(仮)」講座内容すぐに役立つフレーズを身につけたいという英会話講座です。また、英会話に興味があり、英語の基礎知識を学びたい人も大歓迎!海外旅行で出くわす状況に沿って、ゆっくり楽しく繰り返しながら英会話を練習していく教室です。英会話が初めてでも安心して始められ、確実に英会話が身についていきますよ。またお仕事で英語を使っていきたい方もこちらの講座に参加しながら、生きた英語を身につけて行きましょう。この教室でたくさんレッスンし、いつでもどこでも通じる力を身につけましょう!開講日 第2・4日曜日《15:15~16:30》スケジュール 3か月《6回》体験日 3/19 1,080円受講料 5,292円/月場所:よみうりカルチャー川越〒350-1123埼玉県川越市脇田本町14-12 第一住宅ビル5FTEL : 049-247-5000備考 講師紹介29-3岩口 龍児アラブ・コンサルティングサービス東京 立教大学法学部卒。大学では国際法や比較法を専攻。大学在学中から教育業界で従事。小学生から高校生まで英語などを指導。マレーシアやサウジアラビアでも指導経験あり。日系メディア(マレーシア)、日系プラント企業(サウジアラビア)。現在は、経験と専門知識を活かし、コンサルタントとして日本人へ海外の商習慣・ビジネス文化を伝える活動を行う。商工会議所、国際交流会等での海外に関するセミナーを各地で実施している。

日曜日に川越でアラビア語を学びませんか?20170303

日曜日に川越でアラビア語を学びませんか?20170303http://ync-kawagoe.com/course/arabic-2/【ゼロから始めるアラビア語】講座内容「アラジンの魔法のランプのように」アラビア語を楽しく学べる講座です。『右から左に書く「ミミズ」のようなあの文字の秘密を知ってみませんか??』ここ数年、サッカーの試合やニュース「アルジャジーラ」、またEテレ(NHK教育テレビ)「アラビア語講座」などで時々目にするようになって来ました。また、ベリーダンスをする方はアラブ・ミュージックを使って踊りますよね!少し歌詞の意味を知るきっかけになりますよ。アラブ・中東旅行ですぐに役立つフレーズを身につけたいという超初心者向けのアラビア語講座です。アラビア語のアルファベットからゆっくり学んで見ませんか?すでに日本各地でアラビア語講師をしている講師が担当致します。開講日 第1・3〔日〕11:45~13:00スケジュール 3か月《6回》体験日 3/19 1,080円受講料 5,292円/月備考 講師紹介38-3岩口 龍児アラブ・コンサルティングサービス東京1976年、東京都生まれ。立教大学法学部卒。在京アラブ・イスラーム学院(サウジアラビア国立大学付属)アラビア語学部、アフリカ国際大学(スーダン)アラビア語研究、サディーク・ビ・アスル学校(イエメン)理系コース。大学在学中から教育業界で従事。2009年、日系企業入社(マレーシア)。2011年、日系プラント企業入社(サウジアラビア)。2013年アラブ・コンサルティングサービス東京を設立。現在は、経験と専門知識を活かし、コンサルタントとして日本人へアラブ・イスラーム商習慣・ビジネス文化を伝える活動を行う。2017年3月より社会保険労務士法人で海外進出コンサルタントと人材コンサルタントとして業務開始!